予期せぬ出来事が重なってしまうと・・・

お金に困るときというのは、収入は決まっているのに出ていくお金の量が多い月が何度も重なってしまうと困ってしまいます。
基本的に固定費は必ずなくなっていきます。

 

例えば住宅ローン、携帯代、保険代などは基本的に固定額で決まっているのでほぼ同じ料金がなくなっていきます。
逆に抑えられるのが変動費なのですがこの変動費が予想を超えてしまう月が何度も重なってしまうと困ったことになります。
例えば、結婚式のお祝い金やお葬式、予期せぬ出来事が重なってしまうとなかなかつらい状況が続くときもあります。
前もってある程度のリスクがあるときなどの貯金は必要だと思われます。
なので生活ギリギリの収入では困ってしまうと思いますので簡単に削れる固定費の見直しは必要だと思われます。

 
そこで要らないものと要るものを分けで削れそうなお金は削ってしまうのが一番簡単です。
生活に困らないために前もって準備しておくことは必要だと思います。
気づいた時にはお金がなくなっていて明日食べるお金もないとなってしまったときには
もう時すでに遅しな状態だと思われるからです。私はそうなることが一番怖いのである程度の余裕をもって資金の運用をして家族が困らないようにするのは
必要だと思います。家族が明日食べるお金もないとなってしまった場合は本当につらいときだと思います。まだ自分一人が我慢するだけなら良いのですが、
家族全員が我慢するような状況になってしまったらどうしたら良いものかすごい困ってしまうと思います。

 

ただだからと言ってキャッシングなどをしてそ(※プロミスアコム)の場しのぎのことをやろうものなら、もっと地獄を見ることになってしまうと思います。大事なのはやはら家族の力でなんとかしようとすることは
大切だと思います。もし家がなくなってしまうと環境も変わってしまうとということなのでそうならないようにみんなで努力する必要はあると思います。
なので一人でしょい込まないで家族で情報を共有してなんとかすることが大切だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です