脱毛サロンにも負けない毛深さ

私は小さい頃から毛深い子どもでした。父親がすごく毛深い人で、母親もそれなりに毛が生えている量が女性にしては多かったので、その遺伝を受け継いだのか私も毛深くなってしまいました。

幼稚園の時から周りの友達と比べて自分は体の毛が多いなと思っていました。しかし、小さい頃なので周りの子どもも気にしてはいませんでしたし、私も全く気にすることはありませんでした。

しかし、小学5年生くらいから思春期に入り、自分が毛深いことを恥ずかしいと思うようになりました。周りの友達からも毛深いことでいじられたりもしていたのでつらかったのを覚えています。

そのことを母親に相談したら、「毛なんて剃ればいいのよ」と言われたので、それからというもの定期的に毛を剃るようになりました。

しかし、剃れば剃るほど毛は柔らかい毛から太い毛へと成長し、生えてくる量やも前と比べて多くなってしまいましたし、伸びるはやさもとてつもなくはやくなりました。

まさかそうなるとは思っていなかったので、ショックで母親に相談したら、「毛なんて20歳こえたら、だんだんと細くなって生えてこなくなるから大丈夫。気にしないでいい」と言われたので、その言葉を信じて二重歳まで、大変でしたが定期的に毛を剃ってなんとか毛深いことを隠そうとしていました。

そして、20歳を過ぎ、もうそろそろ毛が生えてこなくなる時期だと思っていたら、まだまだ生えてくるし、毛が細くなることもありませんでした。さすがの母親も私の毛深さを見かねて、脱毛サロンに通うことを勧めてくれました。

脱毛サロンに通えば毛も生えてこなくなって、毛の処理に時間をかけなくても済むとその時はとても喜んでいました。

脱毛サロンでもう本当に自分の毛深さと別れを告げたかったので、値段は高かったのですが全身脱毛12回コースを契約して通うことになりました。通って数回で足の毛は、ほとんど生えてこなくなりました。その時はとても嬉しかったのを覚えています。

しかし、問題は他の部分でした。毛深さを悩んでいた腕や脇や背中は一切脱毛の効果が現れないのです。そして、最後の12回目の脱毛を終え、全身を見てみても、足以外はまだまだ毛が残っていました。

それでもやはり諦めきれないので、脱毛に通いたいと思っています。私は呉市に住んでいるのですが、広島市内まで行けば医療レーザー脱毛もできるので、医療レーザー脱毛も試してみようと思います。

このサイトなら、広島市の脱毛サロンも医療レーザー脱毛クリニックのこともまとめてあるので見やすいですよ。⇒広島市の脱毛情報※脱毛サロン・医療レーザー脱毛が安いのは?